06

13

コメント

大正時代の建物

前回、よく解らない長話してしまいましたが、旧車に勝るとも劣らない、思春期に遭遇する道端のH本くらいの求心力を放っているのが大正建築です。
皆さんも住宅街などで偶然、大正時代の民家に遭遇したことはありませんか?
「中を見たい、近くで見学したい!」という強い衝動を押さえたまま現場を去らなければなかったことも一度や二度ではないはずです。
私を含むみなさんの強い欲求に少しでも答えられれば・・・ということで、ここで少ないですが私がスナップした大正建築の写真をアップします。




四国に行ったときに出会ったかわいい民家
インテリアはどうなってんだろなー・・・
<br />+003_convert_20110613235929
8年前の写真だけど、載せていいのかな
問題あれば削除します。実物は削除してほしくないな〜


中見せてくれるなら車でいきますよー
+005_convert_20110614000956"
インテリアに妄想抱き過ぎかな



病院だった建物。事務所として使用していました。これもまた・・・
+008_convert_20110614002419"
ポーチの屋根が落下しそうなのか、ステンのパイプで突っ張ってます



見つけたときは「うおおおー!!!」て感じで目線がロックオン!
UターンUターン・・・
脇見運転注意です。本当に。
+011_convert_20110614002130"

これも壊さないでほしい・・・




三津駅。多分松山だったよな? これも凝ってるよなー。
+018_convert_20110614001421"
けっこうボロくなってたんだよね・・・。
建て替えられてるかもなー、調べてみよう。




琴線にふれる、とか言うけども・・・
+017_convert_20110614001303"
食い入るように見つめてしまいます。
なんでだろ〜お、なんでだろ〜♪


80年以上前だからまあ古くて、ロマンチックだったり妄想わいちゃったりするけど、大正時代でも人々の意識の持ち方は今とそう変わらないのではないか、と思う。


スポンサーサイト



06

14

コメント

ああー三津駅が・・・

昨日写真で紹介した三津駅。

・・・壊されてるじゃないか!
       
  ・・・・・

でも解体前の建物を結構忠実に再現しているのは気が利いてますよね。

でももう大正建築のパワーは宿っていない。

木造でないと経年劣化による味は出にくいでしょうね。
800px-Ug090207_Mitsu-st02_convert_20110614184019.jpg




昭和初期の建物だそうです。だれがデザインしたんだろうな・・・
四国ハロプロキャプテン公演+018_convert_20110614001421


昭和初期とかいうと現在と違う世界な気がしますよね。
でも5年前に東京国立近代美術館フィルムセンターというとこで昭和12年の日本映画を観たんですけど、出て来る風景やインテリアって結構「今」ですよ、なんか。

東京国立近代美術館フィルムセンター

喫茶店でレモンスカッシュ飲んでたり、食事のシーンでダイニングにインダストリアルデザインのイスがあったり(カンティレバーチェアーみたいなの)。まあみんながそんな生活してた訳ではないだろうけど。

多分今と大して変わらないのだと私はおもふ。


でも8年も経てば変わるんだな

俺もまだ33歳だったんだなー

当時は年とったなーと思ってたけど30前半なんて若いよな




07

06

コメント

大正建築萌え〜「石川製紙の迎賓館」




おととい、5年前に目をつけていた大正建築をあらためて見に行ってきました
病院かと思っていたら違ってて、製紙会社の迎賓館だった
DSCN0094_convert_20110706215650.jpg


DSCN0091_convert_20110706215415.jpg
入間駅の割と近くです。16号線沿い


DSCN0090_convert_20110706215320.jpg
なかなか大正建築のオーラ出てます


でも結構モダーンな部分もある
DSCN0089_convert_20110706222616.jpg


ここ、なんと中を見学できるみたいなんです!キャー!
ちょーうれしい!
入間市のホームページで開館日調べていってみよ♪


実はここもなかなかなんだけど、この迎賓館にくる途中で大正建築の民家を発見!!!
なんと人もまだ住んでいました。
徳島県で発見した民家と玄関ポーチなどのデザインがそっくりでした。

中も外も見学させてほしい・・・(涙)

でかい建物よりも「民家」のほうにより興味があるんです・・・
俺一人で行くと「なんや不気味なおっちゃんが近づいてきたで」と警戒されそうなので、サークルかなんか作って押しかけたいところです(迷惑だっつーの・・・)

いい大正建築の民家あったらまじで購入したいですねー
金ないけど。


02

20

コメント

昭和初期の建物って・・・

最近は仕事が忙しく、夜も2時間ほど他の現場の作業を手伝ったりしています
3月いっぱいほぼ仕事だな、とほほほほ・・・・
「とほほ」って昔のギャグか何かかな?



買いました。5800円。
DSCN1927_convert_20130219182054.jpg
価値ある一冊!


戦前大正時代の人々がどのような雰囲気のなかで生活していたのかに興味がありまして。

第二次世界大戦という出来事が起こってしまう時代の風景とは?みたいな

10代の頃、戦争の話を聞かされると、戦前がなにかとんでもない、常軌を逸した時代であったかのように考えていたのですが、そうでもないのではないかと。

自分の中で、昭和20年を境に時代が分断されているのを地続きにしたいという思いもありまして。


まあ単純に、昭和初期大正時代の建物にグッと来るものがあるのでただ好きなんですけども。



で、写真集をめくってみたら・・・
(以下、写真集をデジカメで撮った画像なので、この画質の画像が写真集に掲載されているわけではないです)



これ、昭和初期ですよ!
DSCN1928_convert_20130219181831.jpg
けっこう「今」じゃね?

ネット回線くらい引いてありそうな雰囲気じゃないですか^^





私の考えていた昭和初期のイメージではないんですけども・・・
DSCN1934_convert_20130219175920.jpg
「三丁目の夕日」って感じじゃないな





こんなのマジで昭和初期じゃないし・・・
DSCN1932_convert_20130219181155.jpg





一般庶民の住宅ではないにしろ
DSCN1933_convert_20130219181111.jpg





80年代のおしゃれなインテリアって感じじゃんか!^^;
1930年代の日本ですよ!!!
DSCN1931_convert_20130219181314.jpg
こんなイスが昭和初期の家具屋さんに売ってたのか・・・
棚にCDラジカセとか置いてあっても違和感ないぞ!^^




当時のキッチン
DSCN1929_convert_20130219181744.jpg
普通にガスコンロがあり水道が来てる・・・

当時としても当たり前なのかもしれないが、とにかく戦前の知識がないので結構普通であることに驚く。

うちの台所より遥かにきれいだし^^;





昭和初期のスーパーマーケット
DSCN1935_convert_20130219232500.jpg
当時としてはかなりモダーンな建物らしいが、すでにこんなファサード?のお店があったってことがすごい
今建ってたってそんな違和感ないでしょ?





パン屋さん。
DSCN1936_convert_20130219231748.jpg
「本日特売 レモンケーキ1個25銭」^^

このお店だって今建ってたって全然違和感ないでしょ?
田舎の商店街なんてこんなんばっかですよ^^;



この写真集には他にも、大正〜昭和初期にかけての劇場、映画館、デパート、遊園地、同潤会アパートなどの写真が掲載されています。

同潤会青山アパートの内部写真もあり、当時の和式水洗便器が今と形状が変わらないことも知ることができた。


・・・と、トイレのことを書いてて、私が子供のころ、木で出来た和式汲取便所を利用したことがあるのを思い出しました。
どこかの公民館みたいな公共施設だったような記憶はあるのですが・・・
すごいですよね、木の便器なんて・・・^^;

「朝顔」といわれる小便器で用を足したことも憶えてます

35年くらい前だったら、まだ戦前大正時代の住宅なんかがけっこう残ってて、私なんかも利用してたんでしょうねー・・・




しかし・・・この写真集みて思いました

現代人も昭和初期の人達も、たいして違う環境で生活しているわけではなかったんだと。

だって、このコロンビアってパン屋さんの建物作るには、ほぼ現在と同じ工程が必要になるわけで、建材の卸屋さんがいて、大工、建具屋、左官屋、ガラス屋、什器屋、、内装屋、看板屋がいたわけです。当たり前ですけど。

で、それぞれの業種に必要な工具、塗料、接着剤、金物、壁紙、カーテンなどが販売され、またそれらを作る工場があり、そこで働いている方々も存在したわけです。

当たり前なんですけどね


とにかく、建物だけみれば、戦前特有の特殊性なんて思ってたほどなかった、ということがわかりました。

というか、現在とたいして差がないことが衝撃的でしたね!

戦前に発行された雑誌の広告などは見た目ブキミで特殊な感じしますけどね^^;

映像で気軽に確認できない時代については、自分のイメージが優先してしまうわけですが、ほんと、現在と同じ感覚で人々は買い物したり、カフェでお茶飲んだり、映画観たりしてたんだろうな・・・

地方との格差はあったにしても、それは現在でも同じく存在しているし。



反戦平和を声高に訴える方々は、戦前の異常性を説くことも必要でしょうが、現在と同じような日常が戦前にもあった、ということも合わせて知らせていく必要があるんじゃないですかね?

軍国主義の特殊な時代だった、なんてことばかり言ってると、逆に戦争が日常から切り離されてしまう気がする。

特殊な時代に運悪く起きた出来事、みたいな。

現在と大して変わらない建物のある街並、生活の場に、焼夷弾だの爆弾だのが落っこちてきた、ということを伝えることも戦争のリアリティーを語る上で必要なのではないでしょうかねー?



まあ、とにかく戦前が想像以上に普通な感じなことに驚いてしましました。

感動感動!^^


  図書館に置いてるかな?





04

26

コメント

やっぱ、好きな人いるよな〜

東京にある大正時代に建てられた小学校「明石小学校」が取り壊されたのかどうか調べていたら、こんなブログを見つけた。

「建築ノスタルジア」



明治〜昭和初期の建築物の写真を管理者自らが撮影しアップしています。

結構な枚数の画像がアップされています


もう、こんなの見てるとほんと時の経つのを忘れますね!

昔、すごく面白いマンガを読んでいるとその中に引き込まれちゃって、現実世界が頭から離れてしまうような感覚になってましたが、そんな感じで。

東京にはこの時代のビルがオフィスとして賃貸されているようで!^0^

あまり高そうではなかったので、一度興味本位で入居してみようかしらと・・・^^;

食うに困らないほどお金があったら、全国のレトロ建築をなめるように見て回りたいもんです。

というか、いつか所有したいっ!!!


だから、安易に壊さんといて〜


明石小学校は取り壊されてしまったようです、ありえない・・・







2WDバイク製作ですがフロントのステアリングヘッド周りで手こずっている。

寸法間違いや、ベアリングの取り付け穴が小さくてベアリングがスムーズに動かない、などなど・・・^^;

根気よく対処していくしかないと。


野良猫ちゃんの「最後」の動画アップしたのだが、アップする必要あったかなーと自分でも思ってしまったんだけど、猫が自然に息を引き取るシーンなんて通常なかなか目にする事もないだろうから、なにかしら映像としての価値はあるだろうということで良しとしましたけど・・・

見た人はどう感じるんだろな




08

18

コメント

明治大正ってどんな生活してたのかな?



お盆終わっても私はまだ休みでございます^^



午前中、この動画を見てた。


風立ちぬのDVDは買いまして、もう8回ほど見てる^^;

この映画でタバコを吸うシーンが多いからって文句言う人達ってなんなんだろ?^^;

子供が真似して将来肺がんになって死ぬ恐れがあるからダメだ!ということなんでしょうか?

私もタバコは好きじゃないけど、映画に出て来るカストルプ氏が軽井沢のホテルで堀越二郎とタバコをすってるシーンは大好きで、煙を吸い込むときにタバコの葉が燃えて、細い乾いた小枝を燃やしたときのような「パチパチッ」という乾いた音をたてます。

実際、あれほど大きな音は出ないと思うんですが、すごくタバコが美味しそうでいい!^o^



で、このyoutube動画のなかで鈴木敏夫さんが紹介したこの本・・・



すぐに注文しました^^

大正時代って、私にとっては大袈裟にいえば「滅びた古代文明」みたいな感じ^^;

大正時代の建物や住宅は「古代遺跡」みたいなもの。

あのミョ〜に存在感のある建築物があった時代ってなんなんでしょうと。

現在からそう遠くない時代に、別の文明文化が存在していたかのような面白さ、とでも言えばいいのか・・・

その「遺跡」がまだ街中などにぽつんと建っていたりするとめちゃくちゃ興味をそそられる!


大正時代については中学校などでも歴史の授業で習ってると思うんですが、あまり記憶にないな〜^^;


09

15

コメント

もえー



今日の仕事現場近くにあった古い工場

大正時代かどうかは知らないが。


改築されていない大正時代の家に住みたいわ〜・・・

「大正建築」のカテゴリーは私が作ったのだが結構記事が書かれてるな^^

どうやって見れるんだろ?^^;




03

02

コメント

結構古いレンガ壁


年が明けて62日が経過。







いま入ってる新築現場の庭に、このような隣家との境界となるレンガ壁がある。

井戸と手動式ポンプも。

壁はここだけでなく、私が見ただけでも数カ所ある。



このあたりは結構古い住宅地みたいで、家と家の間に車が通れないような路地もあったりする。

近くに戦前からある旭化成の工場があるので多分そこに勤めてる人が主に住んでいたのだと思うんだけど。

井戸とポンプは境界上にあるのでお隣さんと共有していたんでしょう。

しかしまさか水道が通る以前のものではないだろうな〜?^^;

ポンプは割れてしまっていて、水神さん用の盛り塩もあったがあまり手は入れられてない感じ。

市役所行けば資料はあるんでしょうけどね。







       

プロフィール

歩き茄子

Author:歩き茄子
主に2輪駆動バイクの製作記。
あと雑記。

 ポチッとな!

ARUKINASU200AWD

たくさんのコメントや宣伝ありがとう^^

youtube

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサードリンク

Designed by

Ad